Corporate Info.

ホーム > 会社案内

沿革

ごあいさつ

  弊社は、創業より約70年に渡って技術力と開発力を磨いてきた「株式会社タナベインターナショナル」と「株式会社菅野製作所」の両社が融合して設立された会社です。創業以来長きに渡って事業を展開出来ているのは、ひとえに皆様の暖かなご支援の賜物と深く感謝申し上げます。
  近年は、先行きを見通す事が難しい時代となり、お客様におかれましても売上と利益を確保するのが容易でない状況かと思います。弊社はそんな状況の中、お客様のビジネスのお手伝いをできることを一番の喜びとし、紙工機械の開発・製造・販売・各種サービスの提供を一筋に歩みを進めてきた実績を生かし「紙工機械の総合メーカー」として一層の努力を続けております。また海外に一定の市場を持っていることを活かし、機械のラインアップを充実させることで、事業基盤を強化し、弊社にしか出来ないサービスをお客様へ提供できる企業になることを目標としております。
   今日まで長きに渡って培ってきた技術力・開発力・提案力に一層の磨きをかけ、「お客様に、売上と利益の確保、安心と信頼を提供できる企業」として、トータルコーディネーターとなることを念頭に、お客様のご期待に応え、お役に立てれば幸甚です。

代表取締役社長 張 春華

会社概要

商号 株式会社日本紙工機械グループ
本社・工場 〒300-1631 茨城県北相馬郡利根町早尾2-1[地図] tel.0297-61-7117(代) fax.0297-68-7011
アフターサービス窓口:tel.0297-68-7111 / tel.0297-63-3805
大阪支店 〒577-0046 大阪府東大阪市西堤本通西1-1-36[地図] tel.06-6783-9767 fax.06-6783-9768
会社設立 平成19年3月28日
資本金 9000万円
代表取締役 張 春華
従業員数 50名(2014年9月現在)
URL http://www.jpcm-hp.jp
e-mail infomation@jpcm-hp.jp

沿革

沿革
TANABE
1947
板紙段ボール用加工機材の製造販売を開始
1971
ストレートタイプのワンタッチケースグルア、L 型ワンタッチボックスグルアの製造販売を開始
1972
大型段ボール用ワンタッチケースグルアの製造販売を開始
同時に自動ビクの製造販売を開始
1973
取手工場開設
1977
スペシャルティーフォルダーグルアの輸出を開始
アメリカ向けの一号機を皮切りに以降オーストラリア・ヨーロッパ各国向けに毎年多数の輸出実績を記録
1981
世界初のマイクロコンピュータコントロール制御システムの開発に成功
メカトロニクス化したワンタッチケースグルア(OCG-E)の本格生産販売を開始
1986
部品から組立まで一貫生産ラインを持つ拠点工場(茨城事業所)を開設
1991
社名を株式会社タナベ に変更
1996
米国、中南米およびヨーロッパへの輸出が増加
2000
新鋭機『MILLENNIUM』シリーズを市場投入、国内はもとより、海外からも高い評価を受ける
2005
MILLENNIUM シリーズのメカニカル部分とコンピュータ制御部分を大幅に見直し、新コンピュータ制御システム『TASCO』を搭載、3月より出荷を開始した
2006
フォルダーグルアの世界的な需要の高まりへの対応とサービス活動の充実を図るため、2006年1月1日付けでAlliance社と欧米地域における独占代理店契約を結ぶ
2007
株式会社タナベは株式会社タナベインターナショナルへ事業の全部譲渡を行う
2008
タンデムフィーダ 一体型フォルダーグルアを新規開発し、工場見学会にて展示後、欧米市場に出荷
2009
紙工機械のデパート化に向けた第一歩として、紙工機械の老舗メーカーである菅野製作所を子会社化
 
SUGANO
1946
創業
各種機械の製造を開始
1948
合資会社菅野製作所を設立
包装機器関連機械の設計および製造を開始
1949
自動製函機(サックマシン)を開発
紙器機械メーカーとしての基礎を確立
1952
株式会社菅野製作所設立
本社・工場を東京都足立区へ移転
1957
日本初の自動打抜機(オートン)開発
業界のリーディングカンパニーとしての地位を確立
1962
海外に販売網を拡張し輸出を本格化
1973
新型製函機ハイサックおよびハイサック専用の自動検出装置(異種混入・脱色・糊切れ検出用)を開発
1977
ストリップ装置付き自動打抜機(ニューオートン)およびニューオートン専用の自動検出装置を開発
1980
新型製函機ハイブレーンにコンピュータ導入
1983
ニューオートン用製品落とし装置を日本で初めて開発
1985
ニューオートンにコンピュータ導入
メカトロ減税対象機種に認定(打抜機としては国内第1号)
1990
ドイツ・DRUPA展にニューオートンNFS-1050MおよびハイブレーンGM-1000を出品
1997
IGAS'97に新型フィーダー搭載のニューオートンNFS-1050TおよびハイブレーンGM-650(各々検出装置付き)を出品
2007
新型製函機ハイグレードGX-65ならびにオートン自動打抜機BD-1050CSモデル発表
2009
ブランキング装備搭載の新型オートン自動打抜機BD-1050CSBモデル発表
株式会社タナベインターナショナルと経営統合
それに伴い生産拠点を現在地(茨城県北相馬郡)へ移転
株式会社日本紙工機械グループ
2010年04月
タナベインターナショナルと菅野製作所との経営統合の効果を最大限に発揮するために両社の組織を融合し、日本紙工機械グループを設立
2013年06月
EU向けに新機種グルアであるJDBOXERの開発に成功し、出荷開始
2014年07月
タナベインターナショナルと菅野製作所の両組織を株式会社日本紙工機械グループへ吸収合併
お客様への新しいサービス提供の一環として、「リノベーション」グルアのコンセプトを業界に向け、発表
2016年01月
アキヤマインターナショナル株式会社からオフセット印刷機械のサービス部品販売の業務を受託
2017年06月
切替時間を大幅に削減したExionシリーズを開発し、受注開始
2018年02月
シンプルな構成の新型サックマシンNexiaシリーズを開発し、受注開始

事業内容

事業内容

海外ネットワーク

事業内容

受託業務

事業内容
Page top